企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.07.15

【企画の三種の神器】日常のさりげない時間から企画を生みだす/株式会社ブラケット取締役 塚原文奈さん編

塚原文奈さんの画像

 

【企画の三種の神器】企画人が企画を生み出す際に使っているアイディア(時間、場所、モノ)をこっそり教えていただくコーナー。その人ならではの企画を生み出すポイントが詰まっています。気になるものがあればぜひお試しください。

 

こんにちは、企画ラボ編集部の西山です。

 

今回の「企画の三種の神器」にご登場していただく「企画人」は、「STORES.jp」を手がける株式会社ブラケット 取締役の塚原文奈さん。

 

記念すべぎ第一回の「企画人」にご登場いただき、読者からも、そのキャリアや企画の立て方などが大注目の塚原さん。「企画の三種の神器」はどんなものなのかなと思っていたところ、なんと!企画ラボ編集部のすぐ近くに会社がお引越しされたというじゃありませんか。

 

というわけで、みなさんを代表して、塚原さんの「企画の三種の神器」を伺うために、西山が突撃させていただきました!

 

 

日常のさりげない時間こそが、企画の泉

塚原文奈さんの画像

 

さて、相変わらず美しすぎるブラケット取締役の塚原さん。そして、以前のオフィスも素敵空間でしたが、さらにパワーアップされたオフィスに驚愕! グリーンの癒しとともに洗練された大人のオフィスといった感じで、すっかり塚原さんとオフィスに魅了させられました。オフィスについては、また次回「いってみた、やってみた」のコーナーでご紹介しますね!

 

それでは、お待ちかね、塚原さんの「企画の三種の神器」はこちら!

 

1.オフィスまでのウォーキングタイム

塚原文奈さんの画像

 

ご自宅からオフィスまで、毎日ウォーキングで通勤されているそうです。そして、この時間がいちばん「企画」が生まれやすいとのこと。カラダを動かしながら考えることで、脳によい刺激を与えているのかもしれませんね。

 

通勤スタイルも、リュックで身軽に! リュックはCOENのもので、シンプルで使いやすそう。気取らないのにセンスあふれるファッションもお手本になりますね。ぜひ、今度は「ファッションの課題解決=企画力」も聞いてみたいですね。

 

2.WorldAppRank

海外のアプリランキング
 
2つ目は、WorldAppRank毎日海外のアプリの動向をチェックして、トレンドをキャッチしているそうです。ちなみに、こちらはチェックしたい国とカテゴリを選択すると、アプリのランキングが出てくるようです。この地道な行動が、よい「企画」を生みだす秘訣なのかもしれませんね。

 

3.ぺんてるのサインペン


参照:ぺんてるのサインペン
 

3つ目は、“ぺんてる”のサインペンということでした! お気に入りの理由は、こちら。

 

パソコンを使って、書き出したりすることも多いのですが、なにか仕組みを図にしたりするときはやっぱり、紙とペン。サインペンはいろいろあるけど、「なんか、書いてる感」がある“ぺんてる”の書きごごちと絶妙な太さがお気に入りです。

 

1963年以来、世界中で愛用されている“ぺんてる”のサインペンは、塚原さんの「企画」を立てるときの相棒なんですね! すらすらアイディアをカタチにしている姿が目に浮かびます。これは、なんだか親近感がわくアイテムでしたね。

 

まとめ

 

塚原さんの企画を生みだす三種の神器、いかがでしたか?

 

成長企業の取締役という立場柄、とてもお忙しい毎日を過ごされていると思うのですが、時間がないからこそ日常のさりげない時間をうまく活用されていると感じました。また、海外のアプリやインスタグラムなど、トレンドの動向チェックを怠らない姿勢は、さすが「企画人」ですね。これは、企画人を目指す人は、見習いたいポイントですね。

 

いつもお会いすると、爽やかで魅力的な塚原さん。今回も、快くインタビューをお引き受けいただき、編集部メンバーにもいろいろとアドバイスをいただきました! 人柄もすばらしい「企画人」塚原さん、本当にありがとうございました!

 

さて、連載開始してすでに反響をいただいている「企画の三種の神器」シリーズ。次回はどの「企画人」が登場するのでしょうか。どうぞお楽しみに!

 

【企画ラボ、PLANNERSの仲間を募集】
一緒に “企画” を考え、カタチにしてくれる仲間(ライター)を募集中!
詳しくはこちら

 

 

この記事の筆者

西山 明子

西山 明子(すみころ)

札幌市出身。児童福祉の世界で子どもと親の支援を経験。その後、個人の「ライフイベント」に関わる仕事がしたいと、ウェディングプランナーに転職。結婚、出産を経て、子どもとの時間を大切にできるよう、新しい働きカタにチャレンジ中。趣味は、キャンプ、ひとり映画、Wikipediaで雑学をためること。もちろん相棒はビール…!