企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2017.03.07

【A面】ヤフーの社員だからこそできること、やるべきことがある! ヤフー株式会社、長谷川琢也さん(フィッシャーマンジャパン発起人)

 

【インタビュー「企画人」 】
「企画人」は自由だ。働き方も自由だ。理想と現実のギャップを埋めるチカラ、「企画力」があれば、仕事も、はたらきカタも、プライベートも、人生はもっと自由にデザインできる。多様な企画力を駆使してその人らしい生き方を実現している先人たちを訪ね、「A面:生き方・働き方」「B面:企画のポイント」をテーマに話を聞く。

 

 

今回の企画人は、震災後にヤフー株式会社で復興デパートメント(現「東北エールマーケット」)を立ち上げ、さらにヤフーの石巻の拠点「石巻ベース」まで立ち上げた長谷川琢也さん。その活躍はヤフーだけにとどまらず、三陸の若き漁師たちが「真にカッコよくて稼げるフィッシャーマン」になり、未来の世代が憧れる水産業を目指す「フィッシャーマンジャパン」を立ち上げられました。今回の【A面】では、今までのキャリアを紐解き、「フィッシャーマンジャパン」立ち上げの経緯に迫ります。

 

※記事は【A面―生き方・働き方】と【B面—企画のポイント】の2回に分けてお届けします。本記事は【A面】です。

 

今の仕事の原点! 求められる仕事に全力でこたえることで、異なる立場を結ぶ通訳者に

 

Q.これまで経歴を教えてください

 

大学は理学部の生物科だったのですが、当時仕送りももらわずに苦学生だったので、いろいろなバイトをしていました。その1つにHP制作があり、そこからITの世界に入っていき、就職も生物とITの両部門があるベンチャーに入りました。ただそのベンチャーが入社数カ月でレイオフになってしまって……。バイトでのHP制作経験からレイオフ休暇中に呼び出されて、「Web担当になれ」とそこから本格的にITの仕事に入っていきました。

 

ITの仕事ではソフトバンク系をはじめ、いくつもの会社に出向してITエンジニアからWebのディレクションに仕事が変わり、入社して3~4年経って、出向ではなくて自社で自分のサービスをつくることに憧れて転職を決意しました

 

Q.その転職でヤフー株式会社に入られたのですか?

 

26歳のときに記念受験のつもりでヤフーを受けました。一次面接から執行役員が並んでいて。ただそこで「インターネットのプロデューサー業はどんな仕事か?」と質問して返ってきたこたえが「人を集めて、金を集める仕事だ!」だったことが今の仕事の原点になっています。

 

ヤフーに入りたての頃は企画というよりなんでも屋で、お客様宛のお詫びの手紙を出したりなどもしていました。そこから企画職としての仕事がはじまり、最初は仕事を請けてもらうためにエンジニアさんやデザイナーさんに頭を下げまくって、ひたすら話をして、企画にはダメ出ししてもらいながら、すすめていきました。そのほか、契約、顧客対応、セキュリティなど、自分に足りないものは、専門部署のところに聞きに行って、身につけていきました。

 

最終的には以前のIT経験からITがわかる企画者としてエンジニアさんとデザイナーさんなど、違う立場の方の間に入る通訳者のような役割を担うようになり、この経験が今の仕事に生きています。

 

1人のチカラでは限界がある。会社に所属しているからこそできる、持続可能なプロジェクト

 

Q.ヤフー石巻ベースの立ち上げまではどういう経緯があったんですか?

 

システムのディレクションから徐々に販促企画にうつり、小さいサービスなどをいくつか立ち上げていました。そんなときに東日本大震災が起こって。この日は私の誕生日ということもあって、「とにかく何かしなければ」という思いでプライベートの活動として、東北で泥かきなどのボランティアをはじめました。また当時、会社としてはYahoo! オークション(現「ヤフオク!」)の仕事をしていたので、芸能人の方に出品してもらい、チャリティオークションを震災から数日で立ち上げました。

 

そこから数カ月が経って、ボランティアで地元の生産者の方と出会う中で「もっと産業の復活に踏み込むことを一緒にやってほしい」「自分たちの会社はつぶれていない! と発信したい!」と言われて立ち上げたのが「復興デパートメント」(現「東北エールマーケット」)です。

 

個人のチカラでは限界があり、ヤフーに所属しているからこそとして、一過性ではなくしっかり長期的な産業にくいこめるような事業をつくっていきたいと、会社を巻き込んで新しいプロジェクトを立ち上げました。その後、他の仕事と並行して東北のプロジェクトをやっていましたが、東北の仕事に専念したいと思い、石巻に拠点をつくってほしいと会社に提案しました。ちょうど会社の体制も代わったこともあり、「ヤフー石巻復興ベース」(現「石巻ベース」)をつくることができました。そして自分自身も家族とともに石巻へ移住しました。

 

1人の漁師の出会いを通して、震災復興の先にある課題解決へ


(引用元:フィッシャーマンジャパンHP
 

Q.石巻への移住から「フィッシャーマンジャパン」の立ち上げに繋がっていくんですね。

 

移住してから石巻を中心に若手の方や自分と同じく他県から来た方などと、出会いが増えていきました。その中で1人の漁師と出会いました。彼の名前は阿部勝太といい、ワカメ漁師です。彼と出会うまでは、ワカメに旬があることも知らなったくらいですが、彼と出会い、漁師の暮らしを知り、一緒に漁船に乗ることで、漁業の震災からの復興だけではなく、震災前からある課題についても実感を持って知ることができました。そして彼を通して、同じ志をもつ漁師たちと出会い、「フィッシャーマンジャパン」立ち上げに繋がっていきました。

 

以上、A面では長谷川さんのヤフー石巻ベースを立ち上げに至るキャリアや、「フィッシャーマンジャパン」立ち上げ経緯について迫りました。実は長谷川さんは関東生まれの関東育ち。休暇で日本の地方に滞在するなかで、地方の魅力に気づき、この魅力が失われることへインターネットで何かできるのでは? と思ってヤフーに入られたそうです。まさに、今はその想いを体現されています。次の【B面】では、フィッシャーマンジャパンにまつわる企画力について迫ります。

 

お楽しみに!

 
<つづく>

この記事の筆者

yoko koga

こが ようこ

IT企業にてSE、営業として働き妊娠を機に退社。地域でママ向けのイベント・講座を行う団体の代表をしている。 住んでる地域を楽しいところにしたい!という活動を展開中。好きな言葉は「なんとかなる」、子育てモットーは「死ぬこと以外はかすり傷」。