企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.08.06

【レポート】遠隔会議のあり方を遠隔で考える、PLANNERSナイト

s_apple-laptop-notebook-notes-medium

 

こんにちは、月の半分以上は在宅勤務のこがようこです。

 

さて、先日の夜22時に開催された「遠隔会議のあり方を遠隔で考える、PLANNERSナイト」。参加者は皆、家からの会議参加で、ビール片手に参加したメンバーも。そんな初の遠隔開催で、ゆるりと始まった会議のレポートをお届けします。

 

遠隔会議のあり方を検証する訳は

appear.inを試してみました!

appear.inを試してみました!


 

そもそも今回遠隔での会議開催となった理由は

 

  • 日中は仕事などがあり、参加できない方
  • 地方、海外在住で、通常の東京開催には参加できない方
  •  

    などの方たちにも参加できる会議を開催したいから。

     

    私自身、在宅で働く時間の方が多く、遠隔で会議参加できることはとてもありがたいことです。もちろん、企画ラボでは定例の報告会や打ち合わせなど遠隔会議をしていることもあります。

    ちなみに夜開催というだけなら、過去にお酒片手に、北海道の美味しい魚を味わった会や、30代の働く女子が集まった会など開催しているので、ご覧ください。

     

    敢えて今回「遠隔会議のあり方を考える」としたのは

     

  • 初めましての方もいる状況でどういう会議方式、運営にするか
  • ただの会議でなく、「企画会議」は成り立つのか
  •  

    ということを確認するためでもありました。

     

    今後の展開は

    YOSX9803_TP_V

     

    まだ検証が必要な部分もありますが、今回の会議で今後の方向性が見えてきました。PLANNERSを運営しているアイクリエイトには「ボーダーを超えたはたらきカタ」、そして「企画力があれば仕事もはたらきカタも自由にデザインできる」というコンセプトがあります。これを実現すべく、様々な方が参加でき、企画力を磨き、発揮できる場となるようにしていく予定です。新しい形の企画会議をみなさんにお披露目できる日も近いかもしれません。

     

    今回は参加できなかったけど、「夜なら」「遠隔なら」参加できるという方はぜひ「PLANNERS」に登録してくださいね。

     

    【企画ラボ、PLANNERSの仲間を募集】
    一緒に “企画” を考え、カタチにしてくれる仲間(ライター)を募集中!
    詳しくはこちら

     

    この記事の筆者

    yoko koga

    こが ようこ

    IT企業でのSE、営業ののち、4年のブランクを経てアイクリエイトで修行中。地域でママ×○○として「やりたい」が育つ『ツナグバ』という場づくりに奮闘中。