企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.12.15

【レポート】ホヤ商品企画第2弾企画会議

 

こんにちは、道端です。

 

先日ついにホヤの商品企画第2弾企画会議を開催させていただきました。前回の企画会議で、ターゲット像の選定と、さらに「お酒に合う」という魅力を見出したので、今回はそれを踏まえたうえで、実際にどんな商品にしていくかという具体的な商品化への落とし込みを目指しました。

 

今回ご参加いただいたメンバーは、まずこのホヤ商品企画になくてはならない、フィッシャーマンジャパンを立ち上げたヤフーの長谷川さんはじめ、フリーでライターや編集をされており、東北復興の際にホヤを買い占めて食べていたという方や、自宅で料理を楽しむサロンの運営から有名誌で10年間連載を持たれていたというフードコーディネーターの方、ご自身のお仕事でも不動産やお弁当に至るまでさまざまな企画をされている方など、みなさんそれぞれまったく違ったフィールドで活躍されている方々ばかり。

 

今回のみなさんも、「ホヤ」がすでに身近となっている方から、初めて食べる方までいらっしゃいましたが、4種類のホヤ商品を口にして、その意外なおいしさと幅広い加工の可能性に驚かれていました。

 

実際に試食してみると、みなさんさまざまな意見が出てくる出てくる……

 

次から次に出てくる「ホヤ」の驚くべき魅力


 

ホヤはミネラルが豊富でアンチエイジング効果があることや栄養面に優れているということは前回もご紹介しましたが、今回もみなさんが興味を持った情報がありましたのでご紹介!

 

ホヤは5大うま味成分を同時に味わうことができる
そのため、居酒屋の前菜に出すとお酒を飲む量が増えるという実際の検証結果もあるのだとか! やはりお酒と合わせての訴求は効果がありそうです。ちなみに5大うま味成分は、熱を通しても味わえるのだそうです。

 

世界中で親しまれている証拠?「ホヤ」の珍名
その見た目から海のパイナップル、海のレモン、トリュフなど世界中でいろいろな呼ばれ方をしているそうです。

 

ターゲットに響くのはあえての「おしゃれ×ホヤ」!?

 
前回のターゲット選定により、響くポイントとしては、やはり「おしゃれ」であることがあげられました。「ホヤ=おやじっぽい」というイメージが定着しており、はたしてこのイメージを払拭できるのかが課題でした。しかし、そこはさすが東京で活躍されている女性たち、「ホヤ×おしゃれ」が実現しそうなアイデアをたくさん出していただきましたので、ご紹介します!

 

  • ホヤの燻製キットでこだわりのおつまみを作り、おしゃれに家飲み
  • ニンニクやオリーブとも相性が良さそうだし、パスタやピザにできる!

 

そして女性らしいこんな情報も

 

  • オイル漬けの場合、良いオイルだと美容のためにも取りたくなる
  • ニンニクと一緒だとミネラルの吸収が良くなるから美活になる
  • 小分けのパウチとかにしてお料理にすぐ利用できるようにするといい
  • おしゃれな瓶詰めのセットとかにして手土産とかうけそう

 

女性たちの膨らむアイデアから生まれたみんな納得の展開へ

 

「ホヤはお酒に合う」という意見と、「おしゃれな人はホームパーティをするよね」という意見から、詳細はまだお伝えできませんが、ホヤの新領域とも言えそうな落とし込みがひとつできました! これがおしゃれな有名店で置かれていたら……そんなワクワクするような展開も目指していきたいと満場一致でした!

 

実は、かくいう私がホヤを初めて食べた張本人です。「苦手だったらどうしよう……」と、ドキドキしてのぞみましたが、あまりのおいしさに本当に驚きました! これは、はまる人がいるというのも納得です。「こんなに美味しいものが危機にあるなんて! 何とかしたい!」個人的にも、そんな思いが強くなりました。

 

引き続き、ホヤの商品化へ向けて、取り組んでまいりたいと思います! 今回ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

今後も、PLANNERSでは様々な企画会議を開催していきます。企画会議やプロジェクトへ参加希望の方は、より詳しい情報をご案内いたします。ご興味がある方は、こちらまでご登録ください。

この記事の筆者

道端咲恵

sakie michibata

道端咲恵(みちばたさきえ) 化粧品会社の広報を経て、出産を機に退職。現在は二人の男の子育児に日々奮闘しながら、リモートワークを活用した働き方にチャレンジ中。趣味は、ストリートダンス。元ダンサーのママ達で結成されたストリートダンスサークル「mamastreet」の運営に携わり、イベント等出演。