企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.05.19

【レポート】防災ホイッスルの新シリーズ開発、プロモーション企画会議

防犯ホイッスル画像

 

こんにちは。防災ホイッスルに一目惚れして思わず購入したこがです。

 

現在『PLANNERS no OMISE』で発売中の防災ホイッスルについて、1人1ホイッスルを合言葉に、プロジェクト化を見据えた新シリーズの開発やプロモーション企画会議が開催されました。

 

自分が持ちたいホイッスルを作ろう

防犯ホイッスル会議画像
 

まずは防災ホイッスルをアイクリエイトがオリジナル商品として作った経緯について、お越しいただいたPLANNERSのみなさまにお話しさせていただきました。

 

・東日本大震災後の防災講座で聞いたのはホイッスルの大切さ
・神戸にて阪神淡路大震災で被災し、直下型の怖さを体験しているので「ホイッスルを持ちたい」と思う
・当時は色々探しても、「毎日持ちたくなる可愛さ」と、「しっかり音が出るという実用性」の両方を満たしている商品がない
・商品がないなら、自分で作ろう!
みんなに持ってもらいたいから販売しよう!  
 
開発者:粟田より

 

そして今回、熊本地震をうけて、
-地震がいつか来るというのを忘れない
-いざとなって命を守れる可能性が上げる
ためにも、より多くの方へ届けるために、チャームの付け替え、身につけ方、プロモーションの方法について参加者の方から意見をいただきました。

 

大切な人に贈りたい

防犯ホイッスル会議画像
 

「命を守るもの」と言って最初に思い浮かぶのは、身近な大切な人。
お子様だったり、夫だったり、親だったり。
そんな大切な人に贈りたいというのが、全員の一致した意見でした。

 

「のぼり」を使った今のチャームは女性の方には「かわいい!」と好評です。(「のぼり」を使った経緯などはこちらの話をご覧ください)
でも男性だったら?子どもが身につけて耐久性は?口に入れても大丈夫?
などの疑問点から、こうした方が喜ばれるのではと言ったチャームの今後の方向性が見えてきました。

 

また防災ホイッスル開発当初に、チャーム候補としてわざわざフランスで買い付けられて来た品々を見て、PLANNERSのみなさまからは口々に「これは絶対もらったら嬉しい」「これ欲しい」などの感想をいただきました。

 

今だからこそ、みんなに知って欲しい

防犯ホイッスル画像
 

プロモーションについては、自分でチャームを選べる自分で作るワークショップ型、などの意見もでましたので、今後皆さんに直接防災ホイッスルを見ていただく機会が増えるかもしれません。

 

会議の最後には、世界中で必要となるのではないか?という話にも進んでいきました。そう、地震があるのは日本だけじゃないから。
世界の方にも届ける」という壮大な野望も生まれました。

 

今回の参加いただいたPLANNERSのみなさまからは、「自由に意見を聞いていただきとても楽しかったです。また参加したいです」などのお声もいただきました。参加者のみなさま、ありがとうございました。

 

まだたくさんの可能性を秘めている防災ホイッスル。今回いただいた様々なご意見を元に、よりみなさまに身につけたくなる形でお届けできる日は近いと思いますので、お楽しみに。

 

もちろん、今のかわいい「のぼり」チャーム付き防災ホイッスルは『PLANNERS no OMISE』で購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

今後も、PLANNERSでは様々な企画会議を開催していきます。企画会議やプロジェクトへ参加希望の方は、より詳しい情報をご案内いたします。ご興味がある方は、こちらまでご登録ください。

 

 

【企画ラボ、PLANNERSの仲間を募集】
一緒に “企画” を考え、カタチにしてくれる仲間(ライター)を募集中!
詳しくはこちら

 

 

この記事の筆者

yoko koga

こが ようこ

IT企業にてSE、営業として働き妊娠を機に退社。地域でママ向けのイベント・講座を行う団体の代表をしている。 住んでる地域を楽しいところにしたい!という活動を展開中。好きな言葉は「なんとかなる」、子育てモットーは「死ぬこと以外はかすり傷」。