企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.01.11

【企画格言】迷った時ほど遠くを見よ(孫正義氏)

孫正義氏の格言の画像

 

こんにちは、企画見習いのすみころです。
 
本日の「企画格言」は、産休明けで戻ってきた上戸さん出演の“白戸家”、名作アニメの元ヒーロー・ヒロインが登場する“MOONRIVER”のCMが話題のソフトバンク創業者、孫正義氏の格言をご紹介。

 

【企画の格言】偉人たちの企画に関する格言・名言をご紹介――この連載では、読者のみなさまが、企画で行き詰ったや落ち込んでいる時など、偉人たちの言葉をヒントに突破口を開けるよう、つぶやいていきます。

 

孫 正義氏の格言 その壱

*孫 正義氏
迷った時ほど遠くを見よ。近くを見れば見るほど船酔いする。あらがみえてくる。遠くまで見てみると、実はそんなものは誤差だとわかる。

出典元:ソフトバンク・クリエイティブ『孫正義名語録 事を成すためのリーダーの心得100 』

この言葉は、新30年ビジョンでの孫さんのスピーチであり、とても有名な格言です。
企画見習いのすみころとしては、よく陥りがちな、目の前の小さな課題で頭がいっぱいになり、「あれ、本当はなにがこの企画のめざす姿だっけ?」と迷走している状況の時に、ささやいてほしい一言でもあります(笑)。

 

この格言は、「企画」だけではなく、仕事、育児、人生など、あらゆるテーマにおき換えて解釈することが可能だと思います。誰しも迷いの渦中にいる時は、なかなか抜け出せないこともあると思うのですが、少し冷静に俯瞰して先をみると、なんてことはなかったりするのですよね。

 

本日は「成人の日」。かれこれ10数年以上前になりますが(汗)、20歳のすみころもいろいろなことで悩んでいたものです。ですが、振り返ってみると本当に小さなことだったなと思います。孫さんの事業とは次元のちがう話ではありますが、偉人の言葉は私のような庶民の生活、仕事への捉え方にもヒントを与えてくれます。
 
成人のみなさん、どうぞ「迷った時ほど遠くを見よ」、この言葉を胸に、輝かしい未来をめざし歩んでいってくださいね!
 

 

【企画ラボ、PLANNERSの仲間を募集】
一緒に”企画”を考え、カタチにしてくれる仲間(ライター)を募集中!
詳しくはこちら

 

 

この記事の筆者

西山 明子

西山 明子(すみころ)

札幌市出身。児童福祉の世界で子どもと親の支援を経験。その後、個人の「ライフイベント」に関わる仕事がしたいと、ウェディングプランナーに転職。結婚、出産を経て、子どもとの時間を大切にできるよう、新しい働きカタにチャレンジ中。趣味は、キャンプ、ひとり映画、Wikipediaで雑学をためること。もちろん相棒はビール…!