企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.06.14

【企画格言】現在与えられた今の仕事に打ち込めないような心構えでは、どこの職場に変わっても決していい仕事はできない(松下 幸之助氏)

松下幸之助の格言

 

こんにちは、毎日レッツノートを相棒に仕事をしている西山です。

 

さて本日の「企画格言」は、パナソニックを一代で築き上げた経営者であり「経営の神様」とも称される松下幸之助氏の格言その弐をご紹介します。

 

【企画格言】偉人たちの企画に関する格言・名言をご紹介――この連載では、読者のみなさまが、企画で行き詰ったときや落ち込んでいるときなど、偉人たちの言葉をヒントに突破口を開けるよう、つぶやいていきます。

 

松下 幸之助氏の格言・その弐

*松下 幸之助氏

「現在与えられた今の仕事に打ち込めないような心構えでは、どこの職場に変わっても決していい仕事はできない」
 

出典元:地球の名言/松下幸之助の名言

 

その通りだなと思います。そして、松下氏はさらに、このように語っています。

 

たとえ3日間の手伝い仕事であっても、
その仕事に一生のような心構えで真剣に立ち向かうならば、
そこから必ず大きなものを得ることができる。ということです。

 

そうしてこそあらゆる場合に直面しても動じない精神が身につくということでしょう。

 

どんな会社でも、いきなりやりたい仕事ができるというのは、少ないのではないでしょうか。いろいろな仕事の経験をつんで、その先にチャンスがめぐってくる、さまざまな人の話を聞いて、そう感じています。

 

苦手だな、つまらないな、自分のやりたい仕事ではないな、と思う仕事に打ち込んでこそ、得られるものが大きいのでしょうね。

 

「企画」という仕事は、いっけん華やかな印象もあるのですが、とても地味な作業の連続で組み立てられていくものだと感じています。情報収集からはじまり、現状整理、課題の特定など、ひとつの「企画」を立てるのに膨大な時間を費やします。その時間が一瞬でボツになることも、ときにはあります。これは、私の企画力の未熟さゆえですが・・・・・・(笑)

 

でも、その地味な作業に打ち込んでこそ、次なる「企画」にいきてくるのではないかなと思います!

 

さて、梅雨入りしてじめじめ気分ですが、そんなときこそ、現在与えられた仕事を精一杯やって、カラッとした夏を迎えましょう!!

 

 

【企画ラボ、PLANNERSの仲間を募集】
一緒に “企画” を考え、カタチにしてくれる仲間(ライター)を募集中!
詳しくはこちら

 

 

この記事の筆者

西山 明子

西山 明子(すみころ)

札幌市出身。児童福祉の世界で子どもと親の支援を経験。その後、個人の「ライフイベント」に関わる仕事がしたいと、ウェディングプランナーに転職。結婚、出産を経て、子どもとの時間を大切にできるよう、新しい働きカタにチャレンジ中。趣味は、キャンプ、ひとり映画、Wikipediaで雑学をためること。もちろん相棒はビール…!