企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2017.01.23

なんでもヒントに? 「めんべい」に見るアイデアインプット術

 

 

こんにちは、お正月気分がやっと抜けたコガです。
 

長期のお休みと言えば、お土産ですが。九州に帰省した私が会社に持参したお土産はこちら。

上記写真のプレミアムめんべい(販売元の福太郎さんのHPはコチラ

 

これを元に交わした雑談の中にアイデアインプットのヒントがあったので、ご紹介します。

 

プレミアムめんべいからインプットするアイデアとは?


(引用元:福太郎HP「めんべいプレーン」より)

 

そもそも「めんべい」という博多では有名な明太子のおせんべいがあります。(上記写真で有名です)こちらは空港や駅などのお土産屋さんなどで見たことがある方も多いかと思います。
 

そのプレミアム版でもあるこの「プレミアムめんべい」を見て、あなたは何を”アイデア”としてインプットしますか?

 

雑談の中で出てきたものは……?

★商品パッケージ企画に使えそうなアイデア
パッケージはシンプルにして、シールで華やかさや種類を表すのはコストも抑えてよい
中身の袋はそこまで凝っていなくても、シールなどで高級感が出る
 
★商品チャネルに使えそうなアイデア
この商品は博多阪急限定、また博多阪急では「カルビープラスエッセンス」として同じように高級感のあるポテトスナックを出しているので、最近の百貨店は人気商品の限定プレミアム商品を売り出すような流れがあるのでは?
 

など、ざっと5分くらいの会話のなかにもヒントがたくさん。

 

アイデアをインプットするときの心得

 

さきほど出てきたアイデアは、「めんべいプレミアム」という商品固有の階層の一段上から見たアイデアになっているのがわかりますか? たとえば「めんべいプレミアム」の階層からのアイデアだとしたら、「明太子なのにトマトバジルなんて組み合わせもあるんだ!」というものでしょうか。これでは、他の商品などに展開が難しいです。

 

企画でアイディアを出す際に用いられる1つのやり方として、他から構造を借りるというものがあります。構造を借りるには、目の前にある細かいアイデアの点ではなく、「構造」としてアイデアをストックしておく必要があります。そのときに必要なのが、さきほど書いたようにそのもの自体の階層の一段上から見るということが大切になってきます。

 

いかがだったでしょうか?たかがお土産、されどお土産。日々、目にするものでもあなどることなれ。どこに企画のヒントが潜んでいるかわかりません。私も「一段上から見て構造としてアイデアをストックする」の修行をもっと重ねようと思いました!

この記事の筆者

yoko koga

こが ようこ

IT企業にてSE、営業として働き妊娠を機に退社。地域でママ向けのイベント・講座を行う団体の代表をしている。 住んでる地域を楽しいところにしたい!という活動を展開中。好きな言葉は「なんとかなる」、子育てモットーは「死ぬこと以外はかすり傷」。