企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.12.29

【もう一度読みたい】2016年「企画ラボ」で最も読まれた記事Best5を発表!

 

こんにちは、道端です。クリスマスも終わり、すっかり年末らしくなってきましたね。師走というだけあり、年々、12月はあっという間に過ぎていってしまっている気がします……さて、上半期に続き、今年度最後の記事は「企画ラボ」で最も読まれた記事Best5の紹介です。すでにお仕事がお休みに入られた方もいるかと思いますので、お休みの合間に、記事に目を通してみてはいかがですか?

 

【選定ポイント】

  • 2016年1月1日〜12月26日時点のview数の比較

 

第5位【レポート】「子育て楽しいよ!」坂本美雨さん×光畑由佳さんの働く母乳対談スペシャルトーク(前編)

坂本美雨さんと光畑さんの画像

 

第5位は、上半期でも第2位にランクインされていた「坂本美雨さん×光畑由佳さん」スペシャルトークのレポート! 私自身、子育て中の身として「楽しそうに子育てをしている姿を見せるのは社会貢献」という言葉はすごく印象的でした。 子育てって悩みの連続かもしれませんが、光畑さんの「お母さんが自分に気持ちいいことをすればいいんだよ」という言葉、ぜひとも多くのママたちに届けたいですね。後編も併せてお読みください。

 

該当記事はこちら
【レポート】「子育て楽しいよ!」坂本美雨さん×光畑由佳さんの働く母乳対談スペシャルトーク(前編)

 

関連記事はこちら
【レポート】「子育て楽しいよ!」坂本美雨さん×光畑由佳さんの働く母乳対談スペシャルトーク(後編)

 

第4位【採用の企画力】7年間で2名から650名に! 急拡大に成功した急成長企業、ビズリーチの採用の企画力とは

ビズリーチ

 

第4位は、最近CM等でも目にする機会が増え、その活躍がわかるビズリーチの採用の企画力の記事。企業名や知名度に捉われない“攻めの採用”の実施により、7年間で2名から650名までの急拡大を成功された秘訣が書かれています。採用に携わる人はぜひ読んでおきたい内容です!

 

該当記事はこちら
【採用の企画力】7年間で2名から650名に! 急拡大に成功した急成長企業、ビズリーチの採用の企画力とは

 

関連記事はこちら
【採用の企画力】中途入社者の4割以上が社員紹介! ビズリーチの採用企画力の肝! リファーラル・リクルーティング

 

 

第3位【企画人:A面】ドローン×農業で起業。元マイクロソフトのマーケティング事業統括からの転身。勝俣喜一郎さん。

勝俣喜一朗さん

 

「自分でレールを作る大きな仕事がしたい」という想いと、「日本の技術を世界へ」というライフワークミッションを抱え、マイクロソフト時代で活躍された後に、ドローン×農業で起業された勝俣喜一郎さんのインタビュー記事がランクイン! 起業されている方はもちろん、自分のライフミッションとは何か……と考えるきっかけになりますので、ぜひご一読を!

 

該当記事はこちら
【企画人:A面】ドローン×農業で起業。元マイクロソフトのマーケティング事業統括からの転身。勝俣喜一郎さん。

 

関連記事はこちら
【企画人:B面】既存の技術(ドローン×農業)で新しいマーケットをつくる企画力。勝俣喜一郎さん。

 

 

第2位【企画人:A面】40歳にして30社以上の社外取締役を務める高野氏が語る「人との出会いがすべての道を開いた」

高野秀敏さん

 

納得の第2位は、株式会社「キープレイヤーズ」の代表取締役、高野秀敏さんのインタビュー記事です。わずか40歳にして30社以上の社外取締役や役員、アドバイザーを勤める傍で、国内、シリコンバレー、バングラデシュでエンジェル投資を実施する、投資家としての顔も併せ持っている高野さん。3000名を超える経営者から人、組織の相談、8000人以上の個人のキャリア相談を行ってきたという驚異的な実績を持つ高野さんの“課題解決力”をまとめた注目記事です。B面と併せてぜひお読みください。

 

該当記事はこちら
【企画人:A面】40歳にして30社以上の社外取締役を務める高野氏が語る「人との出会いがすべての道を開いた」

 

関連記事はこちら
【企画人:B面】誰もがジョブズになる必要はない。「ゴールドラッシュにつるはし」の企画ポジショニングを狙え

 

 

第1位【企画人:A面】渡瀬ひろみさん(株式会社ぱど 代表取締役)/外野の声には動じない。これだと信じれば、自ら切り拓くのみ

渡瀬さん写真

 

今年度、堂々の第1位は、株式会社ぱど代表取締役社長の渡瀬ひろみさんの【企画人:A面】の記事でした! 今や、知らない人はいないほど有名なブライダル情報誌「ゼクシィ」の産みの親でもある渡瀬さん。ですが、ゼクシィを立ち上げた時、10人中9人からは、そんなビジネスは成立しないと言われていたのだそうです。この記事の中では、渡瀬さんがどのようにして「ゼクシィ」を成功させ、現在の職にまでに至ったのか、渡瀬さんの原点についても知ることができます。取締役をはじめ、リーダーという立場の人、新規事業を立ち上げようとしている人、働く女性、幅広い分野の方々にぜひ読んでほしい納得の記事です! こちらも、B面と併せてお読みください。

 

該当記事はこちら
【企画人:A面】渡瀬ひろみさん(株式会社ぱど 代表取締役)/外野の声には動じない。これだと信じれば、自ら切り拓くのみ

 

関連記事はこちら
【企画人:B面】渡瀬ひろみさん(株式会社ぱど 代表取締役)/企画に必要な、シャープな狙いと磨き続ける執着心

 

 

まとめ

 

2016年「企画ラボ」で最も読まれた記事Best5、いかがでしたでしょうか?
「企画ラボ」では、来年も「企画」にまつわるさまざまな情報を発信していきます。(新カテゴリ「越境人」や「企画講座」も始まります! こちらもお楽しみに!)いつも見てくださっている皆さん、2016年もありがとうございました。2017年も、引き続き「企画ラボ」をよろしくお願いいたします。

この記事の筆者

道端咲恵

sakie michibata

道端咲恵(みちばたさきえ) 化粧品会社の広報を経て、出産を機に退職。現在は二人の男の子育児に日々奮闘しながら、リモートワークを活用した働き方にチャレンジ中。趣味は、ストリートダンス。元ダンサーのママ達で結成されたストリートダンスサークル「mamastreet」の運営に携わり、イベント等出演。