企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2017.02.07

「逃げ恥」の次は「スーパーサラリーマン佐江内氏」!?エンディングに凝ったドラマの企画力

こんにちは、道端です。
みなさんは、ドラマを見ますか?毎日チェックしているという方も、全然見ないという方もいるかと思います。私はというと、どちらかというと後者に近いタイプ……話題になっているドラマは気になるものの、中々毎週見ることが難しく、結局見なくなってしまいます。

歴代最高視聴率の秘訣はご存知エンディングの「恋ダンス」

 

随分前から、テレビ離れだとか、ドラマの視聴率が1桁に下がっているとか、そんなマイナスな情報がありましたが、そんな深刻な状況を一気に回復させたドラマが、そうです、TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、通称「逃げ恥」。その視聴率は初回から10.2%→12.1%→12.5%→13.0%→13.3%→13.6%→16.1%→16.9%→17.1%、そして最終話では20.8%と一度も下がることなく上昇し続けたそうです!まさに2016年の社会現象といっても過言ではないほどの人気でしたね。

 

もともと話題の漫画であったことや、主演の新垣結衣さんと星野源さんの人気ももちろんですが、あのドラマを盛り上げた一大要素としては、やはりエンディングの「恋ダンス」があると思います。

 

私も、この連日のようにテレビで見る「恋ダンス」が気になったことがきっかけで、ドラマを見るようになりました。主人いわく、サラリーマンの忘年会のカラオケでは、年齢問わず当然のように振り付きで踊っていたのだそうです……。

 

子供から大人まで、みんなが真似したくなることが人気の肝!

 

振り返ってみると、「逃げ恥」以外にも、「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」や「民王」、もっと古いものでいうと「マルモのおきて」「女王の教室」「都市伝説の女」などもエンディングのダンスが話題となりましたが、その中でも「マルモのおきて」の「マルマルモリモリ」は特に人気でしたね! ここで共通するのは、大人も子供も真似しやすい振り付けであること!

 

最近では、戦隊ヒーローものも、エンディングでヒーローたちが踊っています。これも子供がちょっと頑張れば踊れるような絶妙な振り付けです。子供向けのイベントでもそのダンスが披露されるので、我が家の子供も真似して踊るようになり、それがきっかけですっかり番組を見るようになりました。

 

「スーパーサラリーマン佐江内氏」でもエンディングダンス効果に期待

エンディングのダンスが話題になれば、それが話題となり、また新たな視聴者が増えるというわけですから、これも「ドラマの視聴率低下」という課題を解決した企画力ですね!

 

1月から始まった堤真一さん主演の日本テレビ「スーパーサラリーマン佐江内氏」でも、出演者のみなさんがエンディングで踊っており、早速話題になっているようです!こちらのダンスは少し難易度が高めな気もしますが、それがこれからどんな影響をもたらすのか、今から注目しています。

この記事の筆者

道端咲恵

sakie michibata

道端咲恵(みちばたさきえ) 化粧品会社の広報を経て、出産を機に退職。現在は二人の男の子育児に日々奮闘しながら、リモートワークを活用した働き方にチャレンジ中。趣味は、ストリートダンス。元ダンサーのママ達で結成されたストリートダンスサークル「mamastreet」の運営に携わり、イベント等出演。