企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2017.09.08

必要なのは手帳じゃない! 自分に○○すること

 

こんにちは、こがようこです。

 

そろそろ来年度の手帳が出始めましたね。私も早速1冊買ってみたのですが、つい手帳を買って、年間目標なり、予定なりを書き込むと気持ちがリセットされて、新しい日々が始まる気がしますよね。

 

でもそれは“気持ち”だけの話し。実際は、特になにも変わっていなかったり。改めて目標を立てる、今年の目標を見返すと何かしらの気づきはあるものの、それでまた忙しい日々に戻っていく。そして毎日やるのは、タスクのチェックだけ。なーんてことになっていたりしませんか?

 

じゃあそんな毎日から少しだけレベルアップするには‥‥‥?

 

1日の終わりにやるべきことはタスクチェックだけではない!

 

1日の終わりに朝もしくは前日夜につくったタスクをチェックしていく。翌日のタスクを考えるというのも、もちろん大事。でもこれだけでは、日々タスクをこなしている人になってしまいます。

 

じゃあ、1日に終わりにやるといいことは……?

 

  • 今日新しく知ったこと
  • それをどう活用するか?
  • もう1回やり直すとしたらこうやっただろうなということ
  • 明日もう1歩成長できるためにやれることはなにか?
  •  

    を、日記のように書き出すこと。

     

    実はこれ、企画ラボ編集長の粟田が毎晩やっていることです。日々、山のようなタスクに追われ、さらに夜の会食などでどんなにお酒が入って帰宅したとしても欠かさずやっているとのこと。

     

    学んだだけで終わらせない! 次への活用を考える

     

    この振り返りで一番のポイントは、ただ学んだことを書いて終わりにせず、次への活用まで考えること。私なんかはよく学んだことは、まとめますが、それでつい満足してしまい、活用方法まで想いを巡らせずに、結局学んだこともあやふやになっていく‥‥‥。

     

    この次への活用まで考えて書くというのは、ただ書くというアウトプットから1歩進んだカタチとなり、より学んだことが定着します。そして活用方法を書いているくらいだから、実践で使いやすくなりますね。さらにそれだけでは終わらず、今日やり直すとしたらという振り返りと、ここでもとるべきだった行動に落とし込み、明日もう1歩成長できるにはという明日の課題まで書き出しています。

     

    夜とセットで朝にも1日のいいスタートがきれる書き出しが

     

    毎晩、1日を振り返って次につなげる書き出しができるようになったら、ぜひ朝にもトライしてもらいたいものが。

     

    それは‥‥‥

     

  • 今日の楽しみ、ポジティブなこと
  • 一緒に働く人、家族などがもっと喜ぶようにするためには?
  •  

    を書くこと。

     

    もちろん、これも企画ラボ編集長の粟田が毎朝やっていること。

     

    毎朝、その日にある楽しみなことを思い浮かべ、さらに自分だけじゃなく、まわりが喜ぶためにすることを書くだけで、1日の始まりがとてもHAPPYなものになります。そして、まわりを喜ばせることを朝から意識をしていくことで、少しでも行動に移せるようになって、実現度が上がってくると思います。

     

    おわりに

    粟田はこれを大学ノートの見開きに朝1ページ、夜1ページで書いているようです。たとえ、2-3行で終わろうと、毎日見開き。たとえ、内容がしょぼくてもまずは、質問にこたえてみる。毎日自分に問いかける視点を持つことで、日々の過ごし方が変わってきます

     

    ここで、タイトルの答え合わせ。必要なのは、手帳じゃなくて、自分に問いかけること! これさえできれば、書き出すものは手帳だって、大学ノートだって、チラシだってなんだっていいんです。

     

    私は先日、来年度の手帳を買ってしまいましたが、一旦それは置いておいて、まずは″今日の″書き出しをしていこうと思います!

    この記事の筆者

    yoko koga

    こが ようこ

    IT企業にてSE、営業として働き妊娠を機に退社。地域でママ向けのイベント・講座を行う団体の代表をしている。 住んでる地域を楽しいところにしたい!という活動を展開中。好きな言葉は「なんとかなる」、子育てモットーは「死ぬこと以外はかすり傷」。