企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2017.11.01

「オシャレなお酒のシーンに合う」新しいホヤを全国へ!「海の五つ星シリーズ」商品化


 
PLANNERSで昨年から3回、企画女子たちと商品開発会議を行ってきた「ホヤ」。
 
1年がかりでの商品化となり、来週11月9日からはMakuakeにて先行発売が開始になります!

 

ホヤって!?


 

皆さん、ホヤを知っていますか?

 

と聞くと、大体答えは4つのパターンに分かれます。

  • 知らない
  • 知っているけど、食べたことはない(見た目的に食べず嫌いも)
  • 食べたことあるけど、苦手
  • 大好き! クセになる
  •  

    そもそもホヤを知らない人も多く、見たことがなかったり、「貝の仲間」と思っていたり。実はわたしも、1年前の企画会議ではじめて食べるまでは、その1人でした。また、ホヤの独特の見た目から、知っているけど食べず嫌いになっている人も。

     

    次に、食べたことある人でも、苦手になっちゃっている人も。ホヤはあしが早くて流通が少ないため、そもそも出会いも少ないのですが、その貴重な出会いのときにも鮮度の問題などで苦手に感じてしまっている人も。

     

    そしてここがホヤの面白いところですが、ホヤが好きなヒトは「ただ好き」よりも「大好き!」となりやすいこと。ホヤには驚きの魅力があり、そのトリコになってしまうようです。1年前にホヤを知ったわたしも、今やホヤのトリコです!!

     

    ホヤ・マジック!?

     
    実はホヤは、人間が舌で感じる「五つの味」=「甘み・塩味・酸味・苦味・うま味」がすべて揃っており、食べたときに5つの味覚をすべて刺激する稀な食材なんです。ホヤを食べたあ とに水やお酒を飲むとホヤに含まれる甘み成分が作用して、より美味しく感じる「ホヤ・マジック」が起こるんです!
     
     

    ホヤ自身の美味しさはもちろん、この「ホヤ・マジック」により、そのあとにお酒だけじゃなく、お水までも美味しさを感じることが多くのホヤ好きをトリコにする要因だと思います。

     

    オシャレなお酒のシーンに合う?


     

    お水やお酒を美味しくしてしまう、ホヤ。今まではどこかおじ様のおつまみ、居酒屋で日本酒に合わせるという印象を持たれていることが多いようです。そこで、今回の商品はターゲットを女性にして、日本酒だけじゃなく女性が好きなワインやクラフトビールにもあうようにしました。

     

     

    左からバジル味、ガーリック味、トマト味になっており、そのまま食べても、チーズなどにあえても、そしてバケット、サラダ、パスタなど簡単に色々アレンジができるようになっています。

     

    ちょっとオシャレな家飲みでも、パーティーのお土産にも幅広く活躍しますよ!

     

    1年がかりの商品化

     

    今回のホヤ、最初の企画会議を行ったのが1年前。(その時の様子はコチラから)

     

    ホヤ好きやホヤを初めて食べる、そして少しホヤが苦手という女子たちが既存商品を色々試食しながら、ホヤの現状の課題について整理しました。その後、2回目を経て、商品サンプル試食を行った3回目を今年の夏に行いました。

     

    3回目で「すごく美味しい!」と大絶賛されたものを、さらにバージョンアップして、いよいよ今回の商品化になります。

     

    ちょっとお得に手に入る先行発売、11月9日からのMakuake開始を楽しみにしていてくださいね。

     

    企画ラボでは、「海の五つ星シリーズ」として今後もホヤを全国に広めるべく、企画会議を行いますので、ぜひ注目していてください。

    この記事の筆者

    yoko koga

    こが ようこ

    IT企業にてSE、営業として働き妊娠を機に退社。地域でママ向けのイベント・講座を行う団体の代表をしている。 住んでる地域を楽しいところにしたい!という活動を展開中。好きな言葉は「なんとかなる」、子育てモットーは「死ぬこと以外はかすり傷」。