企画力を上げる冒険
に出るならこちら

冒険に出る

2016.02.07

【商品紹介】リメイクで生まれ変わった! おしゃれと実用性をかねた『防災ホイッスル』

 
防災ホイッスルの画像

 

「企画の力で、商品は生まれ変わる」をコンセプトにしたショップ「PLANNERS no OMISE」が2月3日についにOPENしました。

 

私たちは、今ある商品・サービスを一から開発しなくても、ネーミング、パッケージ、サイトなど、コミュニケーションを変えることで、新しく生まれ変えられると信じ、新しい見せ方で商品を販売していきます。

 

企画の力から生まれた商品の紹介、本日はその第1弾です!

 

リメイクで生まれ変わる「のぼり」

防災ホイッスルとのぼりの画像

 

今回、ご紹介するのは『防災ホイッスル』

 

このホイッスルをデザインしたのは、PLANNERSの仲間であるカンボジア在住、代永加世子です。彼女が海外に住み感じたことは「海外に比べると日本には不要なものが多い」ということ。これをきっかけに、2005年「ADdtional(アディショナル)」の活動を開始します。

 

「ADdtional(アディショナル)」と日本のモッタイナイをアイデアのチカラでリメイクし、学びと発見をきっかけに、新しいつながりを増やすをコンセプトに活動する「Re:Re:Japan」のコラボレーションで実現したのが、『防災ホイッスル』です。

 

では、どこがリメイクされているのかといいますと・・・・・・この防災ホイッスルのチャーム部分。なんと、「のぼり」からつくられているのです! 広告宣伝用としてつくられる「のぼり」の寿命は、たったの3ケ月といわれています。その使用しなくなった「のぼり」を回収し、洗濯。1枚1枚アイロンがけをしたのちにリメイク。チャームへとカタチを変えているのです。

 

この色とりどりのかわいいチャームがまさか、捨てられるはずだった「のぼり」だとは、思いませんよね?

 

課題を解決し、防災グッズをオシャレに!

防災ホイッスルの画像

 

東日本大震災をきっかけに、防災グッズに注目が集まっていますが、なかなか普段から持ち歩くのは難しいですよね? こんなにかわいくてオシャレなら、いざというときに自分の身を守ってくれる防災グッズを常に身につけていられますね!

 

「ゴミを減らす」ということと「デザイン性のない防災グッズ」という2つの課題をリメイクという方法で解決した『防災ホイッスル』いかがでしたか?

 

この『防災ホイッスル』のカラーバリエーションはなんと38種類! 他にも設計時に取り寄せるものの選定後は不要になる「壁紙」のサンプルをリメイクした『防災ホイッスル』もあります。お気に入りのカラーがきっと見つかるはずです。

 

全てのカラーを見てみたい方、ご購入されたい方はぜひ、「PLANNERS no OMISE」でお待ちしております。

 

では、また魅力的な商品をご紹介させていただきますので、お楽しみに♪
 

 

【企画ラボ、PLANNERSの仲間を募集】
一緒に ”企画” を考え、カタチにしてくれる仲間(ライター)を募集中!
詳しくはこちら

 

 

この記事の筆者

石川 真由美

石川 真由美

ドレス コーディネーター、ウェディングプランナーとブライダル業界を経験し、結婚、出産を機に新しいフィールドへ。ママである自分も働く自分も大切にしたい!思いついたら即行動のワーキングママ。