About Contact
2020年10月9日

野菜で捨ててしまいがちな部分を使いきる! #食品ロスゼロアクション

本日、ノーベル平和賞に国連WFP(国連世界食糧計画)が選ばれました。そのWFPが9月1日から10月末まで行っている「ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス✖️飢餓ゼロ」。「食品ロスゼロアクション」をSNSに投稿する(※)と1投稿につき120円(約4人分)の給食支援が行われます。

※3つのタグ「#食品ロスゼロアクション」「#ゼロハンガー 2020」「#国連WFP」をつけてInstagram、Twitter、Facebook、YouTubeに投稿。詳細はコチラより

Planners Laboでは、未来のライフスタイルにつながるアクションとして、投稿された「食品ロスゼロアクション」を何回かに分けてご紹介していきます。

今回のテーマは野菜の茎や、切れ端、皮などを使用したランチプレートやお弁当をご紹介します。

このリシーズではおいしくたのしく食品ロスゼロアクションができる実例を紹介していきます。

過去の記事
料理家さんたちに聞く、食べきれない食材を絶品デザートに変える #食品ロスゼロアクション
傷みやすいバナナを絶品・簡単焼き菓子に! #食品ロスゼロアクション 3人のアイデアは?
熟したトマトを使った、おいしい食べきりレシピ #食品ロスゼロアクション

※Plannersでは「ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス✖️飢餓ゼロ」のPRサポートをしています

1人目:野菜を何段階にも活用!

1人目は、いつもおいしそうで時短に見えない時短お弁当が大人気のみきさん。そのお弁当は、さまざまな書籍でも紹介されています。



今回、まず教えてくれたのが、人参の活用。上記写真の左側にあるお弁当には花のカタチの飾り人参が使われています。そして真ん中の写真にあるように、飾りを取った残りも一緒に出汁とともに煮込むそう。そしてこの残りの小さく切られた人参は、飾りと同じ味付け後に、右側にあるようにご飯に混ぜて残さずいただくそう。

さらに、人参は普通に茹でる際にも出汁パックと一緒に茹で、その後にその出汁で味噌汁をつくるとのこと。人参を少しも無駄にせず食べきる工夫が見られます。



そのほか、ピーマンのワタはじつは肉詰めに有効!? など、さまざまなアイデアを投稿していますので、野菜をおいしく食べきるコツをぜひ参考にしてみてください。



ハンバーグ種にはかさ増し味足しのつもりでえのき茸のみじん切りを入れます。
石づきのギリギリまで使うよ。

ピーマンは種もわたも栄養価が高いので捨てずに調理します。
実家ではピーマンを丸焼きにしてお醤油かけてむしゃむしゃと食べていました。

みきさんのInstagram投稿より



2人目:食べづらいもの、食べられないものは食べられるカタチに

2人目は断捨離をきっかけにシンプルでサステティナブルな生活をしているYUMIさん。自ら実施している「脱プラ」アクションや「ゼロウェイスト」など暮らし全般を発信しています。

このキャンペーンで紹介いただいた1つが、お弁当に使った2つの食材について。1つ目はなかなか食べづらいキャベツの芯を細かく刻んで使いきり。固い部分だからこそ、食べられるサイズに切ることで、逆にその固さがいい食感になるそうです。

さらに生の卵の白身が食べられないYUMIさんは、捨てずに翌朝炒めて使いきっているそうです。



こちらは先日お弁当。そぼろ弁当なのですが、卵の色が白っぽいのわかりますか?

なぜかというと、写真にある通り、ほぼ白身でそぼろを作ったから。前の日に卵の黄身を使ったので、その残りの白身3個分に、一個だけ全卵を加えてそぼろにしてみました。

わたしは卵の白身を生で食べると身体が痒くなりやすいので、生卵を食べるときは卵黄だけ。だからよく白身が残るのですが、こうしてそぼろにしたり、お味噌汁にいれたりしてフードロス化を防いでいます😊

付け合わせのキャベツも、芯までしっかり使い切りました。芯の部分、細かく切るとシャキシャキしていて美味しいですよね😆

YUMIさんのInstagram投稿より



3人目:皮までおいしくいただく!

3人目は、いつもかわいいお弁当やパンが大人気のhamama_126さん。今回も子どもが喜ぶかわいいプレートの中に「食品ロスゼロアクション」につながる秘密が。

それは、きんぴらの中身。人参や大根の皮、そしてブロッコリーの茎などを炒めているそうです。そのほか、自分でできるアクションも投稿に記載してくれています!



★食べ切れる分だけ作る
★在庫が残っている業者さんから購入する
★見切り品から購入する
など、食品ロスをゼロに近づける
アクションの投稿を😉

プレートのおかずの椎茸のチーズ焼き〜軸も入れて使い切り〜

きんぴらは大根の皮×ブロッコリーの芯×にんじんの皮を使って😉

hamama_126さんのInstagram投稿より





・・・・・
いかがでしたでしょうか? 野菜の下ごしらえで出てくる茎や皮など、ベジブロスというのも1つの案ですが、今回はご飯に和える、きんぴらなど3人の方にさまざまな案を教えていただきました。どれも簡単なので、ぜひみなさんもチャレンジして見てください。

そしてぜひ3つのタグをつけて、SNSに投稿してください。

※3つのタグ「#食品ロスゼロアクション」「#ゼロハンガー 2020」「#国連WFP」をつけてInstagram、Twitter、Facebook、YouTubeに投稿。詳細はコチラより


10月16日オンライン料理講座
【国連WFP協力開催】10月16日世界食料デーに、人気シェフと料理をつくりながら、キッチンから食品ロスゼロアクション!
キャベツ丸ごと使いきるヴィーガン料理オンライン講座(3品)
申し込み