About Contact
2020年6月2日

コーディネート提案サービス「SOÉJU」の市原さんに聞く。サステナブルなブランドづくり3つのポイント

緊急事態宣言を受け、おうち時間が増えている今は、家で快適に過ごせる着心地や、リモート会議などで失礼のない服という視点で服を選び直している方も多いかと思います。


オンラインや対面でコーディネート提案を行う「SOÉJU personal ソージュパーソナルSOÉJU personal ソージュパーソナル」のオリジナルブランド「SOÉJU」の洋服は、上質な素材で着心地がよく、しわになりづらく、家でも手入れができて、かつシンプルながらいろいろな着こなしが楽しめ、おうち時間にぴったりの洋服です。


それはコーディネート提案を多くしていく中で出てきた消費者の声やスタイリストの声をいかしているから。


そしてただニーズをいかすだけではなく、トレンドで売り、賞味期限が短く大量廃棄されていく洋服に疑問を感じ、必要なときに購入でき、長く着られることを重視しています。また洋服だけでなく、梱包や働き方など「SOÉJU」で取り組まれているサステナブルラグジュアリーな3つのポイントを「SOÉJU」を立ち上げた市原明日香さんに伺いました。(立ち上げたきっかけなどのお話しはコチラの記事をご覧ください)





1.目指すは着物のような服

SOÉJU 1つのワンピースが3つの着こなしに!


―「SOÉJU」のお洋服はすごくおしゃれですが、とてもシンプルでもありますね。


市原:「シンプルなものほど上質なものを」と素材にこだわり、また着物のように着こなし方次第で、どんな体型、どんな年齢の方にも着ていただけることを目指しています。きちんと大切にできるものを購入して、長い時間いろんな装いを楽しんでもらいたいと考えています。


―それは一度購入したら、体型が変化をしても、年齢を重ねても長く着られるとういことですね。


市原:はい。そして長く着倒してまた買いたい時に、イチから選ばなくていいように着まわしやすい定番アイテムを通年、そして何年も販売するようにしています。


もともと私自身、洋服を選ぶということに苦労したこともあり、一度気にいった服は長く着たいですし、また大量廃棄されていく現実に消費者として疑問を感じていました。トレンドにあわせてどんどん洋服を投入し、売れ残ってセールに回っていく。そしてセールになることを前提に値段が設定されているので、通常購入時には割高に感じる。


そういうところにも疑問を感じており、私たちは、セールはせずに通年いつでも安心して同じ価格で買っていただけますし、セールをしないことと直販にこだわり、同等のクオリティのお洋服より6-7割くらいのお手頃な価格の設定にしています。


2.目指すはハンガー革命!?

SOÉJU


―「SOÉJU」では、シンプルな段ボールで商品が送られてくると聞きました。


市原:以前は梱包の段ボールもデザインのあるものにこだわっていたのですが、そうすると保管や運搬時に汚れがついて廃棄になってしまうものも多くて・・・。シンプルで頑丈な、再利用できるものに変えました。


梱包はシンプルなものになりましたが、私たちは届いたらすぐに着られることを目指しており、なるべくしわのない状態でお届けしようと、ハンバーにかけて管理し、ハンガーにかけた状態で送付をしています。


ただこのハンガーがプラスチック素材で、使い捨てを前提につくられており、本来は工場からハンガーにかかってきたお洋服をショップでハンガーから外して、ハンガーは即廃棄という流れになっていました。


そこでこの問題の1歩手前の解決策として、工場から来たハンガーをお客様へもそのままお届けして、そのままクローゼットにかけてお使い頂ければと考えています。


本来最終的な解決は、再生可能な素材など、プラスチックではない素材のハンガーにすることだと思いますが、まずは自分たちでできるところから始めています。


3.お客様も一緒に働くメンバーも女性が自由に人生をデザインできる社会を目指して

SOÉJU


―今はショップにお洋服を買いに行くこともできないので、オンラインでの洋服の提案はありがたいですね。


市原:はい、私たちの「コーディネート提案」は、オリジナルブランドを立ち上げる前から始めているので、今でも提案時には中立な立場で、他のブランドさんのお洋服をすすめることもあります。


また、逆に「SOÉJU」の服のファンで、買った洋服をいかすために提案を受けたい方向けのプランも始めました。


―オリジナルブランドを立ち上げてからコーディネート提案をされる方が増えたと聞きましたが、スタイリストさんもお忙しいのではないでしょうか。


市原:はい。オンラインやサロンでのコーディネート提案が増えているので、今はいろいろ専属のスタイリストさん以外にもいろいろな立場のスタイリストさんに入ってもらっています。たとえば雑誌などを担当している方で、リース作業などが終了した夕方から働きたい方、逆に子育て中なので、日中帯のみ働きたい方など、予約制なので、柔軟な勤務形態を提案しています。


販売員の方はライフステージの変化や、長時間の立ち仕事でカラダを壊して、ある程度年齢がいくと退職される方が多いなと感じていました。でも自分と同世代の方にアドバイスをもらいたいとうニーズはあるだろうなということと、私自身働き方ということをとても考えて今のVISION「女性がもっと自信をもって自由に人生をデザインできる社会」があるので、一緒に働くスタイリストの方たちにも柔軟に働いてもらいたいと思っています。


おわりに

市原さんご自身が消費者として、女性の働き方の当事者として、感じた課題を解決していくことが、「SOÉJU」をいろいろな面でサステナブルなブランドにしていることがわかりました。


洋服以外にもさまざまな価値観が見直されている今、改めて着心地や、着回しなどとともに、ブランドが大切にしている世界観や実際に行っている取り組みにも目を向けてみてもいいかもしれません。


SOÉJU
https://soeju.com/https://soeju.com/






未来のライフスタイルをつくる共創型コミュニティ。コミュニティ発のオリジナルプロジェクトや、クライアントにあわせたオーダーメイド型プロジェクトなど、様々なスタイルのチームアップで、未来につながる価値を生み出します。

詳しくはこちら