Contact
2020年4月27日

「子どもがマスクを着けたがらない…」—そんなお悩みにこたえるサステナブルなマスク「ハローマスク」 4.28先行販売開始決定

新型コロナウイルス感染予防のため、マスクを着用して食料品など生活に必要なものを買い物に行く人も多いと思います。しかし、元気いっぱいの子どもたちはマスクを着けるのを嫌がってしまうこともありますよね。お子さんがいる家庭では、子どもにマスクを着けさせるのもなかなか大変なのではないでしょうか。


しかし、子どもたちの安全のためにもマスクは必須アイテム。不要不急の外出を控えていても、日用品の買い物や、散歩など外出することがゼロではない中、マスクの着用は欠かせませんよね。新型コロナウイルスの脅威が収まったあとでも、マスクを着ける習慣は大事にしたいものです。


そこで、子どもたちが笑顔で着けられるマスクを開発しました。その名も「ハローマスク」。子どもたちの「マスクぎらい」の理由に注目し、できるだけ子どもたちが不快に思わないような工夫をしています。


※4/28追記 本日より、クラウドファンディングMakuakeにて先行販売が開始しました。 https://www.makuake.com/project/hello-mask/


子どもがマスクを嫌いな理由を分析、開発に生かす

ハローマスク


今回「ハローマスク」を開発するときに大事にしたのは、「大切な子どもたちが笑顔でマスクを着けられるようにしたい」という気持ちです。子どもたちがマスクを着けたがらない理由に注目し、その不快感をできるだけ解消できるように4つの工夫をしました。


子どものマスクぎらいの理由の一つ「ゴムの長さが合わなくて耳が痛くなる」という点について、「ハローマスク」はあえてゴムではなくひもを使い、自分のちょうどいい長さでひもを結んで調整することができるようにしています。やわらかいひもを使って子どもたちの繊細な耳にも配慮しました。

ハローマスク

また、「かわいくない」「同じようなマスクで自分のものがわからない」と言った悩みには、カラフルなかわいらしいひもを使って見た目も華やかで見分けがつきやすいよう工夫をしています。カラフルなひもなので、子どもたちが自分で好きな色を選んで使うこともできます。


大人向けのサイズには落ち着いた色を使っており、子どもたちにはビビット系、パステル系のカラフルなものをご用意しました。マスク自体は無地なので、子どもたちが自由にお絵かきをして自分だけのオリジナルマスクにすることもできます。これでマスクを着けるのが楽しくなるはずです。
ハローマスク

左上:XSサイズ ビビット系
左下:Sサイズ パステル系
右上:Mサイズ モーブ系
左下:Lサイズ シック系
※ひもの色は上記とは異なる可能性があります。


さらに、元気な子どもたちにとって一番つらいのは「マスクをしていると息苦しい」ということ。「ハローマスク」は呼吸がしやすい立体加工で、さらに中面はポロシャツなどに使われる、通気性のよい鹿の子などのニット生地を採用しました。また外側も麻にしたことで、洗濯後の乾きやすさにもこだわっています。洗濯がしやすく、何度洗っても生地が毛羽立ちにくいので快適にマスクを使用することができます。

ハローマスク

「ハローマスク」はすべて、このプロジェクトに賛同いただいた裁縫会社さんの手作り。プロの手によって1枚ずつ丁寧に作られているので、長く使えるマスクです。


そして、「ハローマスク」は3枚セットを1セット購入いただくと、産婦人科やクリニック等へマスク1枚を寄付する予定です。


「ハローマスク」について



■サイズ展開
ハローマスク

XSサイズ:幼児~小学校低学年 タテ約9.5 cm ヨコ約14 cm
Sサイズ:小学生くらい~ タテ約10.5cm ヨコ 約15cm
Mサイズ:成人向け タテ約11.5 cm ヨコ 約17cm
Lサイズ:成人男性向け タテ約13.5 cm ヨコ 約19.5cm
ひもはすべて1本、約45cmです。
※洗うとひとまわりほど縮みます。



■使用例
ハローマスク

パパ:Lサイズ、ママ:Mサイズ、兄:Sサイズ、妹:XSサイズ


■布地について
表面:麻
中面:鹿の子などのニット地
ひも:ナイロン
※布地やひもについては今後変更する可能性もあります。また今後は残反などの活用も予定しています。


■使用上の注意
※マスクは感染を完全に防ぐものではありません。
※半分に折って、くりの深い方が上になります。ただどちらを上にして使用されても大丈夫です。
※ご家庭で洗えます。正しい洗い方は以下の経済産業省のYouTubeを参照ください。洗うとひとまわりほど縮みます。
https://www.youtube.com/watch?v=AKNNZRRo74o&feature=youtu.be



ディレクター、クリエイター、コミュニケーターの顔を持つ、 「サステナブルラグジュアリー」な価値をつくるクリエイティブコミュニティ。 あらゆる組織、チームの人たちと、柔軟にプロジェクトを組み、価値をつくっていきます。

詳しくはこちら